JAZZ SAX #かっこよく サックスを 吹きたい

サックスのセクシーな音色は最高。 美しいフォルムもたまらん。 吹く姿もかっこいい。 もっともっとサックスを楽しみたい。

テナーで 遊ぼう(12)

海が 大好きです。

でも、シーズンが過ぎた後の ビーチって、何とも切ない。 趣深い・・・

 

ぼんやり、眺めていると頭のなかで『海の声』の メロディーが流れて来ました♪

これは、相方の テナーで吹きたい!と思うじゃないですかー(^^♪

 

記憶の範囲内で、適当に サビの部分を吹いてみました..

実は その辺りまでしか知らなかった (^o^;)

そもそも 携帯のCMか 、何かで聴いただけで カラオケなんかでも歌ったことがありませんし。

 

こんなんじゃ~『海の声』どころか、川のせせらぎすら表現できない。

 

とりあえず You Tubeで調べてみました。

 

なるほど~ いい曲だな.. ♪

桐谷健太さん(ええ声してますなー)、BEGINさん(沖縄の海が浮かんで来ます)・・・・・

げげっ! サックスで めっちゃ カッコよく 吹いているオジサンがおるぅ~。

失礼しました! 以後『師匠』と呼ばせて頂きます (^^ゞ

出だしから サブトーンで表現しつつ、ビブラートも巧みです。 心地いい~。最高!

 

今どきのカラオケの採点で言うところの 加点ポイントが満載です。

何回も聞き入っちゃいましたよ..

 

しっかり練習して、そのうち 竜宮城が見えて来るとイイなー。なんて (^o^;)

f:id:tsax-ryo77:20171001191842j:image

何か、リードの調子が イマイチ..??

また 道具のせいにしちゃいますが、自分でリードを削ったりして、調整してみたいと思います。 (^^)v

f:id:tsax-ryo77:20170127214434j:plain

海に来ちゃいました・・・

丁度いいタイミングで出張があり、訪問先が たまたま海に近かったので 少しだけ立ち寄りました。

車の中では、ちょっと昔の 本田雅人さんの アルバムを聴きながら \(^o^)/

何故か スピードが出ちゃうんだな..
f:id:tsax-ryo77:20170829151436j:image

海だぁ~!
f:id:tsax-ryo77:20170829151451j:image

おっ、ギャルもいますねー。 青春だ..

 

ランチは『磯料理 ごとう』さんで、マグロの中落ち丼を頂きました。

旨い!しかも めっちゃ ボリューミー♪

また来まーす。(^O^)


f:id:tsax-ryo77:20170829152516j:image

週末、相方の テナーで『海の声』でも練習してみよっかな..

Dukoff の メタル

毎日 暑いですね.. (^_^;)


f:id:tsax-ryo77:20170828163134j:image

Dukoff(ボビーデュコフ)の メタルマウスピース ってカッコいいですよねー

マイケル・ブレッカー氏、 デイヴィッド・サンボーン氏 などが愛用していることでも知られています。

また 大久保の楽器屋さんへ見に行っちゃいました。

 

あつい夏に クールな サックスの音色は、

爽やかな風のように心地いいですよね  (^^)v

f:id:tsax-ryo77:20170827182925j:plain

あぁ、海行きたいな~ ♪

アメセル・マークⅥが ズラリ。

百人町の楽器屋さんへ遊びに行って来ました・・・

もともと外国の方が多い街ですが、ここ最近では 韓流ブームの影響もあり、とにかく人が多い。

f:id:tsax-ryo77:20170709191153j:plain

JR大久保~新大久保のあたりの 百人町は、『音楽のまち』『楽器のまち』としても親しまれています。

『ジャズの聖地』と言ってた人もいたな.. (^^)v

 

ヴィンテージを扱う楽器屋さんも点在しており、ワクワクする私にとっては、まさにパワースポットです。

 

お気に入りのお店の一つ、入って奥へ進むと..

アメセル(アメリカン セルマー)がズラリと並んでいます。

ここまで 綺麗な上物が並んでいると

圧巻の光景ですなぁ \(^o^)/

アルト サックスでは

スーパーバランスドアクション・・

マークⅥが1,2,3本・・・

あっ。 前に来た時に有った、目が釘付けになった シリアルナンバー14万番台の マークⅥは売れちゃったんですね.. やっぱり。

超美品で 180~190万円ぐらいだったと思います。

高嶺の花ですが、もう一度見たかったな..(T-T)

今頃どんな方が、どんな音色を奏でているのだろうか..

聴いてみたい。 (^^♪

サッポロ・シティ・ジャズ♪

いざっ! 北の大地へ  (^^)v・・・

 

仕事の関係で 北海道へ行って来ました。

ランチは、札幌 時計台の近くにある『味の時計台』で 味噌ラーメンを頂きました。

やっぱ、これだね~ 旨い♪ でも暑い。(^_^;)

 

次の 仕事まで少し時間があったので、大通公園まで足を延ばしてみました。

いい天気です。日差しが強く暑い。でも日陰の風は気持ちいい..

 

さっぽろテレビ塔』の方へ歩いて行くと 何やら 白い大きなテントが見えてきた。

近くに行って、見てみると..

サッポロ・シティ・ジャズ!? わおっ♪


f:id:tsax-ryo77:20170729065850j:image

『サッポロ・シティ・ジャズ』といえば、夏場に開催されている

国内最大級のジャズ・フェスです (^^♪

 

あぁ~、そんなの有るって知らなかった。

今回は スケジュールに余裕がありません..

悔しいが、諦めましょう (>_<)

 

また来年 チャレンジしたいと思います。


f:id:tsax-ryo77:20170728184528j:image

自動販売機で『ジャズ・ウォーター』が売られていました。

ほとんど "売切" になっていましたが、わずかに残っていた分を買えました。(^^)v

 

雰囲気だけでも...

セルマー マークⅦは やっぱり クール!

先週。 楽器屋さんへ 遊びに行ったとき

テナーサックスの マークⅥ と Ⅶが置いてありました・・・

 

仲良く隣どうしに並んでいるので、じっくり見比べて見ました (^^)v

f:id:tsax-ryo77:20170711143440j:plain

ふむふむ..

それぞれの シリアル ナンバーは 22万番台と30万番台。 生産時期が近く 1970年代後半~ 80年頃に作られた 比較的新しいものです。

外観は、マークⅦの ラッカーの方が やや傷んでいる感じです..

 

ヴィンテージ サックスで、セルマー・マークⅥと言えば、非常に人気があり、かなりの高値が付いています。

それに対して、その後継機種の マークⅦは 実力の割に評価が低いです。

価格も ヴィンテージの中では、リーズナブルな方です。

しかし その実態は、一流のプロも認める めちゃめちゃ クールな サックスなんです。 \(^o^)/

 

ここで その特徴を語ると長くなりますので、もし よかったら『セルマー・マークⅥと マークⅦについて』もご覧下さい。

 

すこし前に、雑誌で 本田雅人さんの記事を読み マークⅦのことが気になっていました。

もう最近は、本田さんも あまり使用されていないようですが..  その他の プレイヤーとしては、

土岐英史さんや 元晴さんなども愛用されていますね♪

皆さん アルト サックスですけど。

 

しばらく眺めていると...

 

店員さんが やって来て、ケースから出してくれました (^^)v

 

左右の手で それぞれの重さを比べても、そんなに差は感じられません。

ストラップで 首からブラ下げてみると重さの違いは明らかです。 マークⅦ方が ズシッと来ます。

管が ぶ厚く、頑丈に造られていますからね..

飾ってある状態の マークⅦを客観的に見ると、左手テーブルキィは かなりデカく見えます。

でも 実際に指で押さえてみると、意外と手に フィットする感じです。

右手小指のLow-Cキィも 下方に離れている。と言われていますが、実際には違和感はありません。 キィの間隔や 配置バランスが絶妙なんだと思います(^^)v

オクターブキィ や サイドキィも 文句のつけようがありません。

High-Eキィについては、最近の サックスにも採用されている『滑り止め』端部が傾斜している マークⅦの方が、私は扱いやすいと思いました。

 

ちなみに 私の手のひらは、大きい方ではありませんし、指も長くはないですよ。

 

少し試奏もさせてもらいました \(^o^)/

どちらも よく吹き込まれている感じで、気持ち良く響きます。 ええ感じ~ (´▽`*)

 

まさに、百聞は一見にしかず!

実際に触れて、吹いてみないと分からないものです。 

 

今回の サックスは 共に フラセルでしたが、

お値段は、マークⅥが 約90万円。 マークⅦは 約50万円でした。

 

どちらか選べと言われれば...これは迷う。

 

サックスは、1本1本に個性が有って面白いです♪

サックス用の 木のネック・・・

楽器屋さんで サックスの『木製ネック』を見つけました。


f:id:tsax-ryo77:20170621183634j:image

確かに サックスは 木管楽器です。とは言え..

流石に "木材" というのは 斬新と言うか、シブ過ぎます (^^)v

 

雑誌か何かで読んだ記事によると、控え目でダークな音色になるそうです。

見た目は 黒に近い焦げ茶色で、ゴールド系の サックスの本体にもよく馴染みそうです。更に シルバーソニックなんかと組合わせたら、カッコ良さそう~ \(^o^)/

 

サックスの音色は、ネックと ベルによって決まる。と言いますから かなり気になりますね..

 

息の抜け具合や 耐久性はどうなんだろう..?

例えば メタルのマウスピースと組み合わせた場合は、

「金属」から「木」そしてまた「金属」・・・ボワーン ♪♪

どんな音色かな? 面白そう..

 

サックスは、やっぱ楽しい~ \(^o^)/