JAZZ SAX #かっこよく サックスを 吹きたい

サックスのセクシーな音色は最高。 美しいフォルムもたまらん。 吹く姿もかっこいい。 もっともっとサックスを楽しみたい。

セルマー マークⅦは やっぱり クール!

先週。 楽器屋さんへ 遊びに行ったとき

テナーサックスの マークⅥ と Ⅶが置いてありました・・・

 

仲良く隣どうしに並んでいるので、じっくり見比べて見ました (^^)v

f:id:tsax-ryo77:20170711143440j:plain

ふむふむ..

それぞれの シリアル ナンバーは 22万番台と30万番台。 生産時期が近く 1970年代後半~ 80年頃に作られた 比較的新しいものです。

外観は、マークⅦの ラッカーの方が やや傷んでいる感じです..

 

ヴィンテージ サックスで、セルマー・マークⅥと言えば、非常に人気があり、かなりの高値が付いています。

それに対して、その後継機種の マークⅦは 実力の割に評価が低いです。

価格も ヴィンテージの中では、リーズナブルな方です。

しかし その実態は、一流のプロも認める めちゃめちゃ クールな サックスなんです。 \(^o^)/

 

ここで その特徴を語ると長くなりますので、もし よかったら『セルマー・マークⅥと マークⅦについて』もご覧下さい。

 

すこし前に、雑誌で 本田雅人さんの記事を読み マークⅦのことが気になっていました。

最近はもう 本田さんも あまり使用されていないようですが..  その他の プレイヤーとしては、

土岐英史さんや 元晴さんなども愛用されていますね♪

皆さん アルト サックスですがね f(^_^;

 

しばらく眺めていると...

 

店員さんが やって来て、ケースから出してくれました (^^)v

 

左右の手で それぞれの重さを比べても、そんなに差は感じられません。

ストラップで 首からブラ下げてみると重さの違いは明らかです。 マークⅦは ズシッと来ます。

管が ぶ厚く、頑丈に造られていますからね..

客観的に飾ってある状態の マークⅦを見ると、左手テーブルキィは かなりデカく見えます。

でも 実際に指で押さえてみると、意外と手に フィットする感じです。

右手小指のLow-Cキィも 下方に離れている。と言われていますが、実際には違和感はありません。 キィの間隔や 配置バランスが絶妙なんだと思います(^^)v

オクターブキィ や サイドキィも 文句のつけようがありません。

High-Eキィについては、最近の サックスにも採用されている『滑り止め』端部が傾斜している マークⅦの方が、私は扱いやすいと思いました。

 

ちなみに 私の手のひらは、大きい方ではありませんし、指も長くはないですよ。

 

少し試奏もさせてもらいました \(^o^)/

どちらも よく吹き込まれている感じで、気持ち良く響きます。 ええ感じ~ (´▽`*)

 

まさに、百聞は一見にしかず!

実際に触れて吹いてみないと分からないものです。 

 

今回の サックスは 共に フラセルでしたが、

お値段は、マークⅥが 約90万円。 マークⅦは 約50万円でした。

 

どちらか選べと言われれば...これは迷う。

 

サックスは、1本1本に個性が有って面白い♪

サックス用の 木のネック・・・

楽器屋さんで サックスの『木製ネック』を見つけました。


f:id:tsax-ryo77:20170621183634j:image

確かに サックスは 木管楽器です。とは言え..

流石に "木材" というのは 斬新と言うか、シブ過ぎます (^^)v

 

雑誌か何かで読んだ記事によると、控え目でダークな音色になるそうです。

見た目は 黒に近い焦げ茶色で、ゴールド系の サックスの本体にもよく馴染みそうです。更に シルバーソニックなんかと組合わせたら、カッコ良さそう~ \(^o^)/

 

サックスの音色は、ネックと ベルによって決まる。と言いますから かなり気になりますね..

 

息の抜け具合や 耐久性はどうなんだろう..?

例えば メタルのマウスピースと組み合わせた場合は、

「金属」から「木」そしてまた「金属」・・・ボワーン ♪♪

どんな音色かな? 面白そう..

 

サックスは、やっぱ楽しい~ \(^o^)/

テナーで 遊ぼう(11)

調整して戻ってきた相方(テナー)で遊ぶのが、

とにかく楽しい.. (^^)v

 

左手テーブル・キィに少し違和感があったので再度調整してもらいましたが、

その際 グロートーンが鳴りにくくなったことも相談してみました。

楽器本体には原因は見当たらない。と言うことは..

どうやら私の腕の方に問題がありそうですね (T_T)

 

リードが合わなくなってきたのかも知れない..

先ずは セッティングを見直すことにしました。

 

ちょうど 立ち寄った楽器屋さんに『5枚入りお試し用リード』が売っていたので、

お試しすることにしました。

それぞれ、固さと 銘柄が違う5枚がイイ感じに チョイスされています。

おみくじを引く時のドキドキ感にも似てて楽しいですね.. (^_^;)

そのまま カラオケ屋さんへ直行し、アタリ・ハズレなど意識せずに一通り試してみました。

 

LaVoz 、D'Addarioセレクト・ジャズ

いずれも 3番辺りがイイかな...?

 

何か、イケそうな気がする~♪

 

となると今度は、マウスピースも欲しい!
f:id:tsax-ryo77:20170608194426j:image

次は メタルの マウスピースを見に行ってみよー

\(^o^)/

横浜で サックスを鑑賞・・・

仕事で 横浜~横須賀 方面へ行ったので
f:id:tsax-ryo77:20170518225902j:image
帰る途中で 横浜の楽器屋さんに寄って来ました・・・

 

以前 知人と サックスを探しに来た時には、

新品・中古ともに玉数が少なかったのですが、

今回は セルマーの中古など、いろいろ充実していて見応えがありました (^^)v

 

店員さんに試奏を勧めてもらえましたが、たまたま立ち寄った感じで、時間も無かったので、サックスを鑑賞し少しお話しをしてから、雑誌を買って店を出ました。

 

しかし、さっきから サックスの音色が聞こえるものの、店内で誰か吹いている様子も無い..

店の BGMにしては、くぐもった音です。

 

店を出て 音がする方へ向かってみると..

何と!?

1階にある『俺のフレンチ』でジャズの生演奏が行われていました!!

前回はまったく気付かなかった。

 

調べてみると、比較的リーズナブルな価格で フレンチが食べられて、ジャズも楽しめるそうな..

こんなステキなところが有るなんて\(^o^)/

 

ちょっと小腹もすいたので、フレンチでも食って帰るか~♪

という訳にはいきませんので、来る途中に見かけた 移動店舗車の『大きな、たこ焼き』を買い食いし、頬張りながら横浜駅へ向かいました。

 たこ焼きは 1個で通常の6個分の大きさとのこと。味はまあまあでした。

 

今度予約して『俺のフレンチ』に行ってみよっと (^^)v

ユリウス・カイルベルトについて

ゴールデンウィークということで、楽器屋さんへ遊びに行きました・・・

『ユリウス・カイルヴェルト』のアルトが置いてあったので吹かせてもらいました。

f:id:tsax-ryo77:20170506142525j:image
舌を噛みそうな名前ですが、ドイツ製で歴史のあるサックスメーカーです。

ヨーロッパ や アメリカの ジャズシーンにおいて人気があるサックスです。

最近では、カーク・ウェイラム氏が愛用している『黒カイル』でも有名ですね。

 

今回 吹かせてもらったのは、見た目がかなり個性的な MKX アンティーク・ブラスというタイプです。

管の表面が特殊加工されており、その名前のとおり かなり年季が入った金属のような 色・柄でありながら、表面仕上げが クリアラッカーでピカピカという何とも言えない妖しさ..

このため 彫刻も際立って見えます。

 

手に持ったところ確かに普通のアルトよりも重量感があったような気がします。

操作性は特に違和感がなく、コンパクトというか吹きやすそうです。

吹いたところ抵抗感はそれなりにありました。

音色はこれまで聞きなれている セルマーヤマハとはちょっと違う独特な雰囲気があったような気がします。

ビッグベルで重量感があることからも パワフルな演奏も楽しめそうですね(^^)v

価格は税込みで 40万円ちょっと。

 

CANNONBALLの ヴィンテージ・リボーン や Wood Stoneの ニュー・ヴィンテージ も気になるが、これも欲しいな..(>_<)

テナーで スピッツを吹いてみよう♪

最近よく耳にする スピッツの『春の歌』にチャレンジ!  (サビの部分ぐらいの耳コピですが)

 
f:id:tsax-ryo77:20170429121219j:image

一週間ばかり入院していた 相方の テナーで吹いてみました・・・

 

あれれっ!?   何ということでしょう..

前と比べて、はるかに楽に しかもクリアーな音が鳴ります。

しかし..

以前は少し喉をコントロールするだけで グロートーンが出せてたはずなのに、鳴りにくくなっているような..

もしや声変わり!?

いやいや、こんなオッサンにそんなもんは有りません。

どこか緩んでたところを締めなおしてくれたのかな..

楽器自体は、かなり イイ状態に仕上げてもらいましたが、

ヤバイ!! 得意な誤魔化しが キ・カ・ナ・イ (汗)

 

しっかり練習をやり直します。\(^o^)/

 

サンボーンの アルトは シビれます♪

たまたま立ち寄った喫茶店で一服していたら・・・

 

デイヴィッド・サンボーンが流れてきました(^^)v

店長さん! センスいいねー


f:id:tsax-ryo77:20170429115327j:image

サンボーン氏と言えば、セルマー・マークⅥ (14万番台)と デュコフ(メタルのマウスピース)との組合せが、あまりにも有名ですね。

あの ゴリゴリというか、速くて エッジが効きまくっている サウンドは いつ聴いてもたまりません..

 

セルマーのヴィンテージは、ちょっと手が届かないにしても、メタルで バリバリ鳴らしてみたい..

※趣がない表現で、誠に申し訳ございません!

 

財布と相談しながら、色々 メタルを試してみたいなぁ(^-^)