読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JAZZ SAX #かっこよく サックスを 吹きたい

サックスのセクシーな音色は最高。 美しいフォルムもたまらん。 吹く姿もかっこいい。 もっともっとサックスを楽しみたい。

ロングトーン・・・ してますか?

ロングトーンとは、読んで字のごとく 音を長く伸ばすことです。

管楽器の 練習では 基本中の基本といわれております。

吹奏楽などでは嫌ほどやりますね。(^_^;)

理想としては全音階を 7・8秒ぐらいずつ吹くのが良いとされています。

正しい姿勢で、しっかり息を吸って

タンギング→しっかり吹く→タンギング

とメリハリをつけてやった方がいいと思います。

ロングトーンの意味としては

・大切な サックスの コンディションを確かめる。

・また自分自身のコンディションや アンブシュアの状態を整える。

・管全体を温めて、ほぐしてやる。(まだ抜けきれていない若い楽器は尚更ですね)

・寒い時は、体も温まります。

などなど言われていますが..

あまり難しいことは考えず、一音を力強く伸ばすことで、短音では感じにくい 楽器からのビリビリとした震動が 指先や触れている部分から伝わって来ます。

このビリビリ感が楽器との一体感と言うか、サックス好きには たまらないものです。

かっこいい フレーズを吹きたくても、指が着いていかなくて イライラすることが有っても、この満足感は必ず得られると思います。

時間がある時はなるべく意識して、しっかりした音で吹くようにしています。

(調子が悪いときは 5・6秒ぐらいかも知れませんが..)

何となく、目的もなく ロングトーンをしても、ちっとも楽しくありません。

意味を理解した上で、シンプルに サックスの 音色と リアルな震動を楽しみましょう。

これからも サックスと共に変化する自分を楽しんで行きたいです。

f:id:tsax-ryo77:20160910232611j:plain